スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイーツ・オブ・ザ・デッド9

ヨーコ「こいつらが振り向きませんように……NOスイーツNOライフ様、お守りくだしあ!」


 すり足で彼らを通り過ぎ、ヨーコはケータイ売り場にたどり付いた。

急がないと。

 ヨーコはお気に入りの機種であるA-YOUを必死に探したが見つからない。

他のメーカーのはアプリとかがショボイから使いたくないしそもそも自分の持ってるメモリーカードでデータが移せないからマジNG。

 やっと見付けたそれをポケットに押し込む。

だが今度は腐海かじり蟲のストラップがない。

NOスイーツNOライフの特集されるくらい、あれが今一番流行ってるのに!


ヨーコ「なんにもいない、なんにもいないったら!!」


ストラップのコーナーを可能な限り迅速にそして静かに漁る。


ヨーコ「あ、あった……」


 だが問題はまだあった。

着信するとビカビカ無闇やたらに光るアンテナのやつがどうしても見つからない。

急いでるのに! マジ急いでるのに! あいつらに見つかっちゃう!


???「ああ」


 後ろで声がした。

いや、それは声というよりも肺から押し出された空気が声帯を震わせただけの無気力な音声だった。

 ヨーコの心臓が跳ね上がる。

関節の錆び付いた人形のようにヨーコは振り返った。

あのビカビカ光るやつを装着したケータイを右手に、そして人間の「何か」を左手に持った店員がこっちを見ている。

その後ろにももう一人。


ヨーコ「ひっ!?」


 心臓が痛いくらい鼓動している。

ヨーコは一歩ずつ後ずさりした。

 彼女が下がった分だけ二人は前に進んだ。まるで糸がいくつか切れた操り人形みたいな、がくがくした歩き方で。

距離は少しも広がらず、むしろ縮みつつある。

もうすぐ後ろは壁だ。

 絶体絶命かと思われたその時、ヨーコの脳内にあの音楽が聞こえてきた!


ドォ―――ン……ド! ド!


ヨーコ「ホワァ!!」


 手にしたWiiリモコンとヌンチャクが稲妻のごとき勢いで閃き、先頭に立つゾンビの顎を打ち抜いた。

更にもう一度。考えるんじゃない、感じるんだ。


ドォ―――ン……ド! ド!


ヨーコ「ホワ、ホワァア!!」


 更にヌンチャクがもう一閃。


チャーンチャーンチャーン♪ チャチャチャーン♪ チャッチャッチャチャー。


 当然だがゾンビにヨーコの攻撃はまったく通じていない。当たり前だ。

おまけに脳内音楽が途切れてしまった。

 恐怖に麻痺した思考の中で、ただヨーコは悲鳴をあげながらムチャクチャにリモコンとヌンチャクを振り回す。

その時、リモコンとヌンチャクを繋ぐコードが切れて彼女の手の中からすっぽ抜けた。


ゾンビ「モヘア!」


 グチュリという湿った衝撃音と共に、腐臭を放つ血液と肉片が飛び散る。

ヨーコは悲鳴を上げて両手で顔を覆った。

恐る恐る指の隙間から相手を見ると、ゾンビの顔面にリモコンが突き刺さっている。

 しばらく何が起きたかわからないまま、彼女は「GK乙」とつぶやくのだった。

もしも手に取ったのがPS3のコントローラーなら死んでいたかも……

そのゾンビはしばらく立ち止まってふらふら上半身を振っていたが、すぐに彼女にのしかかる形で倒れた。

ぎゃあぎゃあ悲鳴を上げながらそれを間一髪で横に逃れてかわす。



続く……


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

(゚q 。川カンザイ

Author:(゚q 。川カンザイ
完全犯罪(カンザイ)
プラネットライカは隠れた名作

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。