スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドクオはソーサリアンのようです ソーサリの2


                    .・。゚・.・。゚゜。゚・。.
              。・゚・゚          ・゚.
             。・             。・。
             。・               ゚・゚
           。・        bmp     。・。・゚・
          。・                。・ 。・゚・
         。・               。・゚・ ゚・。・゚・
         。・            。・゚・。・゚・。・゚・・゚・。・゚・
         。・        。・゚・。・゚・ 。・゚・。・゚・ 。・゚。・゚・
   ∧,,∧   。・   。・゚・。。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・゚ ・。・゚・。・゚。
  (;`・ω・) 。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・。・゚・ 。・゚・。・。・
  /   o━ヽニニニニニニニニニニニニニニニニニニフ
  しー-J
         画像が重いという指摘があったから形式を変えたよ!
         画質が悪くなってるけど勘弁してね!


_人人人人人人人人人人人人人人_
> ドクオはソーサリアンのようです <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

         + ('∀`)/
          <( ( +
       / + <ω\   \
      ▲_  | ̄ ̄|   _▲
      □    |   |    □

ソーサリの2「俺氏、クーと再会する」

 ブーンはふたたびドクオの死体を引きずり、町の寺院へとやってきた。


( ^ω^)「神父様、かくかくしかじか」



   ,'  ゙、       /'    ノ l
 .  f、  ノヽ、   _./: ノr=-‐'"   !
 .  l 「ヽ : : `¨ ´: :/': : : i:l   l 
 ... l !: :《 : : : i : : : ヽ>_:,.:j l  /¨ヽ   なるほど、事情はわかったが……
   ,.、ト.、'<: /:l : :_ノ '∠: j: :L/: :/: i  .  それでわたしにどうしろと言うのだ
   ヽ:V:'弋ラゥ⊥レィ'ヽヒソ: 、: : : : ):リ
    i:l: :` ̄: l:、: : : : ̄ : : i: : /:/
    `ハ : : : :,': :ヽ : : : : : : :! : l‐'ソ
     `'; : : :ヽ-ァ : : : : : : : : !:l: :iヽ
       ハ : :-、_ ニニ : : : : /:/ :リ i、
       ヽ ー:-  イ: : :/ : :i :/ .i::\
        ト、: : : : : ;.イ : : : //  ';:::::::
       /::/ ̄ ̄: : : : ;.イ /   〉::::
 .     /:::::ヽ`¨ニ ¨ ̄  /   /:::::::
        ,'::::::::::ハ       i   /::::::::::
        {::::::::::::ヽ、    ,,.. <:::::::::::::::::
 .     〈::::::::::::::::::`::::¨´::::::::::::::::::::::::::::::

( ^ω^)(AAの大きさが違いすぎて話しにくいお)




( ^ω^)「神父様にアレをやって欲しいんですお。これはお布施のチェリーですお」


   |   す   |
   |   ば   |
   |   ら   .|
   |   し   .|
   |   い   |
   \___  _ノ
       V
    ,,-'''´ ̄ ̄>、
   ./     ´,-─\
  /∧ヽ_ノヽ__ -─|
  | ノ 〉〉 ,,、 /,'フ  |
  {、〈t、〈//ヾ〉|_,,/   |
  t/フ:/   イエフ 7/7ノ
__}/ 〈.::::::.  ////  ではちょっとそこで見ていろ
::::::|| 、ニ_'  / /イ
/|ヘト、`‐-´ ./_/ノナ
:7ノ/,、ヽ=='´=彳イ:::}
ヽ//  ̄`7/ ̄/ノ::/::\
:://ヽ_// /」::::ノ:::::::::::
// //::::::::: ̄ ̄::::::::::::::::
/ //:::::::::r-、::::::::::::::::::::::
 \::::::::::)) ||:::::::::::::::::::
、、  \_// ノノ::::::::::::::::::
::\   ̄//::::::::::::::::::::::
:_ノノ ,,、、_\:::::::::::::::::::::::
ヾ='':::ヾ='':::::::::::::::::::::


        _ -.、  o   +   -;'`'-      十
-    Y´  ::::\,_        ´l  ィ''"ヽ,,
     |   ::、,:::::::\  ,. -'''二二‐ 、∥ :::::;;`ヽ,   +
。   !   !ヽ  :::゙'、::::::::`/∧__,,.... _,..ヽ{   :::::\::l
 -'゙冫-.|::゙、 、 ::::`、::::::l'´∧ 〈〈 \.!ヾ :: ν  ::::::|  |
   |  .|:::ヽ   ::ゞ'、::L/ ミェ_≧_、゙l !      ::l::| _,'"゙',,,__
      |:::     :::ヽ7〈.(`<=‐'' `´〉,| ι   ::ヾ| ",, ,'"
  !  。  !::::  l    ::'y′ `""",''// !      .::::l l  『宇宙は一巡するッ』!!
_,、''.__     !::::: '' :  _゙'、ュ_ ι/ / |/゙:}    :  :::::::|   o
 'l'゙      '、::::::  :    〈ニ''' /ノ:::;;;;;;!    : ::::::::::::|
       .ゝ:::::::. ',::  ´ ゝ=-'''´  .//;l l ::  u::::::::::::::|   l
         ゞ、:::;:lケ  ! { ::|:l;: ,//;;;lノ;} :::ヽ  :::::::::::::| -'" "-
十       l  l;;;;/    l l::| |,,//;;/ ..::{ :::;;;ヽ ::::::::::ノ ゙'' r ’
      __''゙ ゙;__ 〉  ι  ヽ)⊥-'´'' '" ::l',:::;;;;;;ヽ :__,;;;l
       '' r'' ∥     .:,/..'"´    ::l;;',:::::::::ヾ;;;;;;;;} l
          l::、   /''´     i ..::/;;;;;::::::::::::;;;;;;;;l _,'゙',_
゚    l,,      ゝ::... ../    !   .:::::/;;;::::::::::::::::;;;;;/  ',,"
   _,“ '',_   l:::`ミ::::ヽ,    ..ン /;;:::::ν:::::;;;ィ' l
   ",, "   | ,.-‐‐-.., :::::::..,,, -‐' .彡::::::::::;;;;;/_,,'' '.,__  O
    |     .}.l .mn,、l      ...彡:::::::::;;;;:/  '' r"
__     -|- ./└l,__,」┘ヽι ...:::::/|:::::::;;/ o ___
       .__ /  |   /\ ::::::/  |__ニ=‐'''´/___
   ゚   \三二=ー'   \/         ̄   /
 -_ー─---    ヘヴン       ム ヒ  ∩ ∩ 二ニ=‐
  __> メイド・イン┌─‐┐ヽ| __|__ヽ 月 ヒ  V V  ̄=‐- __
<_    二匚二 | ニlニ、| /| 人  ノ L二lヽ O ,O -‐‐  ̄
   ヽ 、.  人  Lニニニ」  レ   `    _____ヽ
     | "´   ̄_       ,,-- ___  \
     レ-‐  ̄ \    /      ̄ ‐‐
            \/

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

_人人人人人人_
> (*゚ー゚)解説 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

老衰で死んだ場合に限り、そのキャラの能力を多少受け継いだ新キャラを作ることが出来ます。


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


   >┴<   ⊂⊃
...-(・∀・)-         ⊂⊃    幸せだった日々
   >┬<       ワーイ
       J( 'ー`)し ('∀` )    いくらお金を積んでも手に入れられない思い出
        (  )\('∀`) )
        ||  (_ _)||
;;⌒::.;;.⌒⌒/   /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /::. :; ;⌒⌒:.:⌒:;⌒;;⌒
..  ,::.;  /   /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /.., ,; .:   ,,。,.(◯)   ::
  : :::., /   /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /,,;  (◯)  ::: ヽ|〃  ;;:
.  ,:.; /   /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /.., ,; :ヽ|〃  ,,。,    ::;;,

\________________________________/

                 ○
                 
                O
気が付いたかお       。

 ( ^ω^)     ('A⊂ヽ゛ ……ん?
 ( つと )     /  _ノ⌒⌒ヽ.
 と_)_) ( ̄⊂人//⌒   ノ
      ⊂ニニニニニニニニニニ⊃



('A`)「……あれ? なんか、死んだトーチャンと一緒にいたような……?」

(;^ω^)「お前もよく死ぬやつだお」


 あたりを見回してみると、そこは見慣れない部屋の床の上だった。


('A`)「あ、ブーン。えーっと……? どうなったんだっけ?」

( ^ω^)「お前は一度死んで、それから宇宙が一巡して、新しいお前が生まれたんだお」

('A`)(何言ってんだこいつ)

(゚A゚)「あっ、思い出したぞ。あのおっぱいに思い知らせてやるんだった!」

(;^ω^)「そうゆうことは死んでも忘れないのかお」

( ^ω^)「ドクオ、あのおっぱいをどうにかしてやりたいのは僕も同じだお。

    だけど、僕らだけでは無理という気がしてこないかお」

(;'A`)「確かになあ……」


 まさに納得の意見だ。現状ではいくら何でも手探りすぎる。


('A`)「ところで、どこだここ?」

( ^ω^)「僕の学校の部室だお」

('A`)「へ? 学校?」


―― 王立ヴィップ高校 ――             /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            /  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          /    | |          |||||||  |||||||
                          |    | |
                , ――――――┴――――――――――――――――――
              / .|
             /  .|     llllllllll          llllllllll
           /    .|    ______   ________
          /        |   |:::::::::::::::::... .. .i|   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
        /    /|  |   |:::::::::... ... . ' ..|   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |
       /    /:::: |  |   |::::... .. . ''    |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  |
     /    /...........|  |   |__..,        |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_|
    /     , 1.|..,;;;, .,;;;,|  |   |;;.i|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||
  /    /:::| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; | ;;;;;;;;;||
  |.  ,,;   |......i| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
  |  /|  .| . ...| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |  ヾ;ゞ
ヽミゞ;;  |  .| . .| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  ヾゞ:;ヾ
ミ ゞ;;ミゞ;;.. ;. |  ..| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_| ヾ;/ゞ
ゞソミゝミゞ;;ヾ;:;;: . | | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||        ;ヾ ゞ;
ヾ;:;;:ヽミゞ;;ソゝミゞ;;. | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||      ヾ;;;ゞ ;;ゞ
ヾ;:;ミヽミゞ;;ヾ;:;   | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц   ヾ;;; ;;ゞゞ:;ヾ
;ゞゝヽミ;ソミゝミゞ;;,| | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||     ヾゞ:;ヾ ::ソゞ
ミゞ;;;:;ソソミヾ;:;;:   | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| ゞ:;ヾ  ゞゞ:;ゞ:;ヾソ
iソ ヾ;: ;;:ヽ_;:ゞ   | |⌒l⌒|  |   | . |      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||   ゞ:;ヾ;ヾ ゞゞ:;:ゞ;;
 ;i;:ヽ_;:ゞミゞ |    | |i.__|___|  |   |__,|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;; ヾヽ::ヾソ;;;: ;ヾ ゞゞ;.;:ヾ
;ゞil|;;;;;ヾヾヾゞ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ::ヾソ;;;:;ヾ ゞゞ:;:: ;;:ヾゞ ゞ;




 不意にドアが開き、制服姿の少女が入ってきた。


   lXlノソヘ
  ξ*゚⊿゚)ξ「ジュースと冷えピタとお菓子とその他色々持って来ましたよー」
   〈 <ハ> '
   く_,、_ゝ
    U^U


( ^ω^)「ありがとうだお」

ξ*゚⊿゚)ξ「ウフフ、先輩のためならこのくらい、ウフフ」


 バスケットを抱えたままくねくねする彼女には見覚えがあった。


('A`)「あれ? 確かこないだ……」

ξ ゚⊿゚)ξ「ほーんと、びっくりよね。まさかこんな再会の仕方するなんて」

( ^ω^)「僕の後輩でツンだお。ツン、こっちは僕の親戚でドクオだお」

('A`)「オナシャス」

ξ ゚⊿゚)ξ「よろしこ! 先輩にはいつもお世話になってるのよー」


(;^ω^)「別にそんなこたあないお」

(#'A`)(野郎、いつの間にかリア充になりやがって)

( ^ω^)「ドクオ、実は僕らはソーサリアン部というのをやってるんだお」

(゚A゚)「えええ! 何だよそれ、何で先に言ってくれなかったんだよ」

(;^ω^)「まあ色々事情があるんだお」

ξ ´⊿`)ξ「前は部員もいっぱいいたんだけどね。今は実質わたしと先輩のふたりだけ」

ξ ゚⊿゚)ξつ□「それはそうとはい、冷えピタ」
.□
('A`)「ん? 何かあったのか?」

( ^ω^)「その部長というのが、クーなんだお」

ξ ゚⊿゚)ξつ□
 □
(□'A`)「待て待て待て、何が何だかわからんぞ」

( ^ω^)「この学校にもともとソーサリアン部はなかったんだお。去年、一年だったクーが作るまでは……」

ξ ゚⊿゚)ξつ□
 □
(□'A`□)


 ヾ" ;ゞヾ"ゞヾ ゞヾヾ   `     `                "ゞ;  ゞヾ" ヾ" ヾゞヾ;ヾヾ
ゞヾ  "ヾ;ゞ"ゞヾ ゞ;ヾヾ                        "ヾ ゞヾヾ"; ; ゞヾ ヾヾ: :ゞ;
 ヾゞ"ゞ;ヾ ゞヾ〃;ヾヾ ゞ;ヾ  `      `       `     "ゞ::ヾヾ"ゞ 〃ゞヾ ゞ"ゞヾ::
ヾ  ゞ; ゞヾ"ゞヾ ゞヾ ; ヾ;ゞヾ                `  "ゞ; ヾ  ;ヾゞ"ヾ; ; ゞヾ "ゞ; ;ヾ
ゞヾ"ゞヾ; ゞゞ"ゞ〃ヾ :ゞヾ ; ;ヾ `     ヽ(  )ノ        "ヾゞ ;ゞ "ゞヾ :ゞ〃ゞヾ; ;ゞヾ;;
 ヾ\ヾゞ;::: y'ヾヾ; ;ゞ ヾ ; "ヾ    ` , ├‐┤   `    "ヾ ;ヾ  ヾ\ヾゞ;::: y'ヾヾ; ;ゞヾ
ゞ; ; ゞ;ヾii;;:::: イ;//ゞ; ヾ  "ゞ";       .彡 ゚ ゚̄        "ヾヾ;;" ゞ";ゞ;ヾii;;:::: イ;//ゞ; ゞヾ
ヾ ヾ;ゞiii;;::: |/; "┌───┐`    `       `     ┌───┐ゞ; ヽiii;;::: |/;ヾ;ゞ "ヾ
───────┤┌─┐|  `       `    `   |┌─┐├────────
              ||入||     ` ,      `      ||V ||
              ||  ||                   || I. ||
              ||学||            ∧∧   ||P ||
              ||  ||           (゚Д゚,,)   .||高||
              ||式||           (|у-|)  ||校||
              |└─┘|             | T |~ |└─┘|
───────┴───┘            ∪∪   └───┴────────
.                  ∧∧
                  (   .)
              ∧∧ ι  つ                ∧_∧
             .(,,・д・)  |  |           _。__  ",  、 ミ
           @(,,__)  ∪∪          /___i_  〉∀  く
                               (  ´∀) /    ヽ
                               ( 〕圖〔 )ι'i   i∪


――あれは去年、入学してすぐのことだお。

僕はクーに一緒にソーサリアン部を作らないかって誘われたんだお。


川 ゚∀゚)「青春を冒険の日々に費やそうぜ!」

(;^ω^)「遠慮したいお。僕は帰宅部でのんびりやるんだお」

川 ゚ -゚)「幽霊部員でもいいからさー。五人集まらないと設立できないんだよね。

    頼むよ、幼馴染の義理的なアレでさ」

( ^ω^)「まあ、それなら……」

∩川 ゚∀゚)∩「冒険しまくるぞ、うおー!!」


――ドクオも知っての通り、クーは昔から冒険ごっこが大好きだったお。

16才になってソーサリアン協会に登録できる日をずっと楽しみにしたんだお。

設立当初は部費も部員も少ないし苦労したけど、二年になってすぐ、とある迷宮を攻略する手柄を立てたんだお。

全校集会で校長に表彰されるわ、地方紙に載るわでクーと部は大人気になったんだお。

だけど、一ヶ月前……


  □□□
(□□A□□)「な……何が起きたんだ!?」

(;^ω^)「っていうかお前の顔で何が起きてるんだお」

ξ ゚⊿゚)ξ「これだけ貼っときゃ死人も眼が覚めるわよー」
  □□□
(□□A□□)「顔面にマヒャドを食らったような爽快感だぜ」

(;´ω`)「まあとにかく、二年目の春休みに事件が起きたんだお」


――聞いた話によれば、その日、クーは書類を抱えて階段を降りてたんだお。

新しいダンジョンを探索するための資料を図書館で漁ってたらしいんだお。


川 ゚ -゚)「よーし、あとはパーティ編成してアイテムそろえて道場行って……」
( つ三三0


<キャークーセンパイヨー

           ソーサリアンノクーサンダー>

<マジイケメーン


川 ゚ー゚)「どうもどうも。」


――と、よそ見をしていたら……



  ミ  n_
   ミ ヽ )
⊂⌒) / /   ドテッ                    バサーッ
 | L_\_          「ゲハァ!?」
 ゙ - _ ⌒ ̄ ̄⌒川;゚Д゚)二二つ    __ _
      ̄ ─---へ\  て        \  \ \
             ヽつそ           ̄ ̄  ̄
            __ _      __
            \  \ \     \  \
               ̄ ̄  ̄        ̄ ̄


――つまずいて転んでしまったんだお。

ちなみにその姿はまったくかわいくなかったそうだお。


  川;゚ -゚)「いかん、わたしとしたことが」
  ( つ三O
  と_)_)  三三


(:::::::::::)つ「はい、これ」

川 ゚ -゚)「え? あ、ありがと……」




(:::::::::::)「気をつけてね。ソーサリアン部なんでしょ?

    ダンジョンで余所見してたらこんなんじゃ済まないよ」


    _, ._
  川 ゚ -゚)
  ( つ三O
  と_)_)

    _, ._
  川 ゚Д゚)   バサ……
  ( つ O.
  と_)_) 三





_人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人_
>                                  <
>     その時、17才の少女に衝撃走るッッ!!    <
>                                  <
>  ┗衝撃┓     ┗(゚- ゚川┓     ┗衝撃┓   <
>    ┏┗  三       ┏┗  三      ┏┗  三  <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄



――生まれてからずっと男子に混ざって遊び、冒険ごっこに明け暮れてきた彼女はッ!

まさにその日! その瞬間! 初恋に落ちたんだおッッ


      / ̄ ̄ヽ
     / /~ ̄ヽヽ
     | .|    | |
     |. | ・∀・| |   あまりの衝撃に直後、クーはトイレで二時間も吐いていたそうだお。
     ゝヽ  .ノノ   それはまさにビッグバン、彼女の中に新たな星が誕生したかのごとくであったお!
     ヽ, ̄ ̄ ̄ ̄)
     人     Y´
     し (___)


(;'A`)「最後の方が変なポエムでよくわからんかったが……」

( ^ω^)「それからクーは学校に来なくなっちゃったんだお。

    何度か家にお見舞いに行ったんだけど、会ってくれないんだお」

ξ ゚⊿゚)ξ「恋の病ってやつかしらねー」

( ^ω^)「部長がいなくなってソーサリアン部はバラバラ、もうずっと開店休業なんだお。

    このままじゃ来期は廃部かも」

('A`)「そっか……」



 この感じを何と言うべきだろうか?

複雑としか言いようがない。


('A`)「まあともかく、会いに行ってみる。住所変わってないよな?」

(;^ω^)「うーん……あいつ、会ってくれるかお?」

ξ ゚⊿゚)ξ「行きましょうよ、先輩。ドクオくんが部長復活のきっかけになるかも」

( ^ω^)「そうか、そうだなお。僕らも行くお」


                          ξ*゚⊿゚)( ^ω^)<走れスーパーブーン号!
                           /  ,,,,⊃   つ┓
         -=≡ (;'A`)          (,,  ゝ (,,,    ) 冊冊
         -=≡ / つ_つ      ,' ̄U' γ__/;;||ノ ノγヽ⌒ヽ
        -=≡ 人  Y        (--(ニ二__(_) (--〇--)
    i!wwl -=≡ し'(_)       ゝ/__ヽノ    ̄  ゝ/__ヽノ  ;wwvvi
''''"~"”~"~"~”~”''"~"''''"~""~"~"~"~"''"~"''''"~""~"~"~"~"''"~"''''"~""~"''"~"''''"~""~
  ;;;;;;;...,;;;,,,;;;;;   ;;...,,;;;,,,,;;;;;;;  wwv;;  ;;;  (~)  ;;;;;;.,,,.,;;,,,..   ;...,;;;,,,;;;;;
   wvv;;;   ※    ;;;;;;;;;.....''''':::;;;; wwv (ヽ||/)    ;;;;.,.,..,;;;;:;;
         ヽ|/


(;'A`)「ちょ、俺は徒歩かよ!?」


                                        /:::::::::::::::::,.;ゝ.
                                       /:::::::_,.-‐''~ ,、人
                              __        /:,.;‐''~ ,.ィ‐'~   |~`―-
                         ,.、   / \~~~``ー--ゥ'~ ,.;;-‐''~~ |, :-|   |
                        ミ彡 /::::::::`>  ,.-''~.‐'~~-‐''~~.| .|  |    |
工___                       ミミ|彡ム-''~~ーv'~ ~:::::;;;::   i-‐i |~~|  |   |
\===|                 ミ-‐''~:::::_,.ィ''~~|~  ~~`|~   |T | |~I.|  |   |
  \==|======i__          ミ>,-|~~`i'~I |   |     |   | | |_,.+‐ !┴!―--'
   \=|======|==|┴‐┐┐从 ,-、v-'~ 十''' |-‐'''~~~|| ,..  -‐''~~ ̄ ,,.;'~`i~`~`‐-,
 ||`i'~~`'~~'~~ミ―┼(`)‐i ̄~i→;;;;;/ ノヽ|~l ミ|'~::::::::::::__.|l'~      ;'`'`゜  ;;;    `i  _
 |r'~     ミ |. |ゝ-'| |~l~`1;;;;;;;;;;;;;L!;;|,,,,.i'~''1~T~~   ̄|__,,,.....r-‐ミ ;; ;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;::| ̄
,;'~       ~~~`iー‐、二―--‐'~~コ:::::::::j.  | |     |エエエエ |:::::::ミ  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
           ヽー-'     ヽ. ヽ、_,,人_j      |エエエエ |::::::::|ヾ:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
            / /       \     ゝ'~_三~ト-、エエ |::::::::| 冫;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
              / /          \    = ̄  '`‐-'‐-、j-、...__(;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    /~~`ー'~~```` /           `ー、               ヽ;;;;;;;;;_.........
   ム        (              ` ヽ、


 俺たちはブーンの家から程近い郊外に向かった。

ガキの頃にさんざん駆け回った場所だ……たった今もじゅうぶん駆け回されたけど。


(;'A`)ゼエゼエ「うわー、変わってねえなあこのへん」

( ^ω^)「見えてきたお、クーんちだお」


        _、_
      .(;'A`)\  「それじゃその……あとは頼んだ」
      | \ / \√|
      ( ヽ√| ` ̄
      ノ>ノ  ̄
      レレ  ((



ξ;゚⊿゚)ξ「思いっきり腰引けてるじゃない、さっきの元気はどうしたのよ」

(;'A`)「いや、だっていきなり来たら迷惑だし、心の準備的なものが……」

( ^ω^)σ「ほい、ピンポーンと」

(;゚A゚)「あわわ、あわわわわわ、勝安房わわ」

ξ ゚⊿゚)ξ「クー先輩の部屋を無血開城よ!!」


<はーい、どなた?


( ^ω^)「どうもですお、内藤ですお」


<あらー、ブーンちゃん。ちょっと待ってねー



('、`*川「はい、いらっしゃい……あら、ドクオちゃんじゃない?!」

('A`)「あっ、おばさん。どーもお久しぶりです」

('、`*川「こっち来てたんだ?」

('A`)「ええ、カーチャンがラッパーになっちゃって。今、アメリカ西海岸のどこかにいると思うけど」

('、`;川「? そ、そう……なんか知らないけど大変だったのね」


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


 俺たち三人は家に上げてもらい、二階のクーの部屋の前までやってきた。


('、`*川「クー、いい加減に出て来てちょうだい。ほら、お友達も来てるわよー」

  ____
 |     |
 |     |<……
 |   o|
 |     |
 |     |
  ̄ ̄ ̄



( ^ω^)「クー、僕だお」

ξ ゚⊿゚)ξ「わたしもいますよー、センパーイ」

('、`*川「ドクオくんも来てくれたのよ。ほら、小学校のころ一緒だったでしょ」

('A`)「ヤッ、ヤア……コニチワ」

  ____
 |     |
 |     |<……
 |   o|
 |     |
 |     |
  ̄ ̄ ̄


( ^ω^)「クー、僕らはソーサリアン部をよみがえらせたいんだお」

ξ ゚⊿゚)ξ「そーよ、ドクオくんもやろうって言ってるのよー」

( ^ω^)「今こそクーが必要なんだお」

ξ ゚⊿゚)ξ「お願い先輩、ちょっと顔見せるだけでいいからさー」

(;'A`)(天の岩戸みたいだな……)



 一向に返事はなく、壁に向かって話しかけてるようなむなしさを感じた。

業を煮やしたらしいおばさんはため息をつき、いったん一階に降りていった。

戻ってきたとき、持ってきたノートを俺に手渡した。


('、`*川「この手だけは使いたくなかったけど仕方ないわ。ドクオくん、これを読み上げて」

('A`)「これは?」

('、`*川「読めばわかるわ」

('A`)「?」



       ( 'A`)/ ̄/ ̄/ <『聖魔滅波(メギドトルネイドウェーブ)』
      ( 二二つ / と)   聖属性と闇属性を合わせて打ち出す究極魔法
      |   /  /  /    かつて古代文明を滅ぼしたとされる究極の禁呪
       |    ̄| ̄ ̄     ダークエンジェルナイトだけが使える


       ( 'A`)/ ̄/ ̄/ <クーデリア(女・16才)
      ( 二二つ / と)   ダークストーカーたちに生まれ故郷と恋人を皆殺しにされる
      |   /  /  /    クールで攻撃・魔法どちらもこなすダークエンジェルナイト
       |    ̄| ̄ ̄     オッドアイであることから〝竜眼のクーデリア〟とも呼ばれ



  ____
 |     |
 |     |<……
 |   o|
 |     |
 |     |
  ̄ ̄ ̄

  ╋┓"  ●┃┃
  ┃┃ ━ ━┛・
┏ゞ━人∧从┯〆━┓
▽\冫。、〃Ν;゙△゚>┃
┃<×     ∠"∇
┠Σ○川 ;Д;)○冫┨ <ぃやめろぉおおおおおおおお!!!
゚。< \   ノそ ≧
┃。Σ(⌒ヾ |、゚てく
┠ム─ >_ノ ノ> ァZ┨
○゚。//o Lノ。了x个o
┃。`~ +√▽ヽ◇ ┃
┗〆━┷Z;/┷o\┛


川 ;Д;)「よくも娘の中学時代の黒歴史ノートを友達に読み上げさせるなどという鬼畜行為を!!

    貴様それでも人の親かー!!」

('、`*川「だってクーちゃん部屋から出て来ないんだもん」



('A`)「あ、あの……」

川 ゚ -゚)「あっ」


川 ゚ -゚)      ('A`;)


川 ゚ -゚)「……全然変わってないね、ドクオくん」

('A`)「う、うん……」


――俺と彼女との再会は、実際こんなもんだった。





    ,---、    :|  ::::| |:::::::::|:::::::゙| |      |     \
    )~~~(    |  ::::| |:::::::l:|:l:::::゙| |      |     |\
    (====)   |  ::::| |:::::::::|:::::::゙| |      |     |:  \
 ̄ ̄ )__( ̄ ̄\ ::::| |:二二二]| |::: :: :: |     |:   \
               \| |.~ ̄| ̄~.| |艸   0:|     |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |  ゚|゚  | |:: ::艸:::|:0    |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  艸:|:: 艸  |
                       \  :|艸:: 艸:|
                    .    \|   :艸|
                          \   :|
                           .\  :|
                              . \|
                                    \
                                  \

 とりあえず居間に移った。


川 ゚ -゚)「そっか、もう引きこもって一ヶ月も経ってたのか」

( ^ω^)「のんきな奴だお」

ξ ゚⊿゚)ξ「みんな心配してたんですよー先輩のこと」

川;゚ -゚)「スマヌ」

('A`)(今、改めて気付いたが、クー姉ちゃん……)



         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、
 .      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
      /:::::::::::::::::i!::::::::::::::i!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
      ∧:::::::::::i::::i|:::::::::::::::i!:::::i、:::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::i
     i i::::::::::ii::::i、:::::i!::i!:::i、::::|_ ハ:::::::::i:::::::::::i::::::::::::::::::i
      i i:::::::::::|弋:::ヾ.i::iヾイ弋:::::ア、::::i:::::::::::iヽ:::::::::::::::::i
        i::::::::::i i 二/`ヘ___ノ ̄リ .i::i:::::::::::i/:::::::::::::::::::i
       ハリルヾ、 ヽ         i::i:::::::::::i::::::::::::::::::::::i
        ヾリi:::::>  、       ノi:::::::::::i:::::::::::::i!::::::::i
         i:::::::::::>  ̄    < i:::::::::::i:::::::::::::::i!:::::::i
           i::::::::::::∧ヽ-      i:::::::::::i:::::::::::::::::i!::::::i
    .      i::::::::::/. ヘ::::::::::|     i:::::::::::i:::::::::::::::::::i!:::::i
          i::::::::::i>-‐'::::::::::|    .i:::::::::::i>\:::::::::i!:::::i
        i:>-‐'´:::::::::::::/     i:::::::::::i::::::::::::\::::i!:::::i
       /:´::::::::::::::::::::/       i:::::::::::i::::::::::::::::::\i::::::i
       /:::::::::::::::::::::::::::≧=‐---'´i::::::::::::i:::::::::::::::::::::::ゝ:::::i
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::i::::::::::::::::::::::::: ヘ:::i


(゚A゚)(スッゲエ美少女になってる……)


 昔から美少女ではあったが、今では幼いころの面影も残しつつ、輪をかけてきれいになっていた。

俺は改めて四年という月日の長さを思い知った。



(;'A`)(それに引き換え俺は、中卒ですぐ引きこもってネトゲざんまいの日々……)

川 ゚ -゚)「しかし全然変わってないな、ドクオくん。ちゃんと飯食ってるのか?」

(;'A`)「ん?! あーいや、うちずっと貧乏でさー。

    カーチャン、大麻解放運動の指導者してたんだけど、事務所にガサ入れ入って仕事なくして……」

(;^ω^)「そういうヤバイ話は置いとくお。というわけでクー、かくかくしかじか」

ξ ゚⊿゚)ξ「つんつんでれでれ」

川 ゚ -゚)「なるほど、事情はわかった……けど……」

( ^ω^)「ん? 何だお」

川;゚ -゚)「その、学校行ったらさ……またあの人に会うかも知れないし……」

ξ*゚⊿゚)ξ「もういっそ、その人にもコクっちゃいましょう!」

(;'A`)「ちょ、ダメ、やめて、それはダメ!!」

ξ ゚⊿゚)ξ「へ? 何で?」

(;'A`)「え?! いや、その……ホラ」



 ん?! 何で俺はこんなに焦ってるんだ?

胃の底のあたりが猛烈にざわざわしている。


( ^ω^)「まあまあ、クーにも気持ちの問題というものがあるお」

('∀`)「そう、それ! それがあれだよ! よく言ったブーン」

ξ ゚⊿゚)ξ「だって、何にもしなきゃずっとこのままでしょー」

川 ゚ -゚)「だってさ……もう、あの人のこと、考えただけで……」

川(((((゚゚゚д゚゚゚)))))「考えた……だけで……」

川lll゚ )-゚)「……うぷっ」


                         オ、オエエエエエエエ>


(;^ω^)「想像以上に重症のようだお……」

ξ ゚⊿゚)ξ「あんなんでソーサリアン部を立て直すことなんかできるのかしら」

('A`)「……」



ルート1 → クーに責任ある仕事を与えて立ち直らせる

自信を取り戻した彼女は見知らぬ男に告白する勇気を得、俺の存在はなかったことにされる


ルート2 → 無理はさせないでおく

引きこもりが悪化して誰にも会わなくなり、俺の存在はなかったことにされる


(;゚A゚)「あーっ!! もう、どうすりゃいいんだよおおおお」

( ^ω^)「何だお、どうしたお」

('A`)「いや、待てよ……ルート3があるぞ」


ルート3 → 彼女の引きこもり状態を維持させつつ毎日会いに行く

当然俺に傾く可能性が高くなる


ξ ゚⊿゚)ξ「? さっきからどうしたの、ドクオくん」

(゚A゚)「うわあああああ!! 俺は最低だあああああああ」

ξ;゚⊿゚)ξ「!?」


 激しくテーブルに頭を打ちつけつつ、俺はこんな悪魔の選択肢を思いついた自分を戒めた。

そのとき、トイレからクーが戻ってきた。


川;゚ -゚)「あー、気持ち悪い。ん? どうした?」

('A`)「いや、これはちょっといいテーブルだなと思って」

( ^ω^)「おでこから出血してんだけど……」

('A`)「クー、頼む! 俺、どうしてもソーサリアンになりたいんだよ! 部長に戻ってくれ。この通りだ!」


            __、
     ,r´⌒ヽ,⌒ヽ,ヽ
   (⌒)、   .人  λ\、 .           ブシャー ▂▄▅▆▇■▀▀〓◣▬ ▪ ■ …
    \. \    、 ヽ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\_▂▄▅▆▇██▇▅▄▃▂__ ▾ ∵
     |\ \    ヽ. |    /    \ ヽ
     |  \  \   .|       /\.   |
     |.   \     .|    /  ̄ヽ  |
  .   |.   |.\_ノ\            /
  .   |.   |   |   \______/
  .   |   )  .|
  .   |   |  .|
     |   |.|  .|
  .   |  | .| .|
     /  / / ヽ,
    (__ノ  ヽ、__つ



(;^ω^)「血出てる、めっちゃ出てるって!!」

ξ;゚⊿゚)ξ「ちょ、ちょっと! 救急箱!!」


 クーは眼をぱちくりさせた。


川 ゚ -゚)「ドクオくん、どうしてそんなにソーサリアンになりたいの?」

(;'A`)「え!? えーと、それは……お、俺、クー姉ちゃんと、その……一緒に……」

( ゚ω゚)「協会の受付に一矢報いるためだお!!

    僕たちはあのおっぱいの態度にムラムラ……もといイライラさせられてんだお!」

川;゚ -゚)「む、そんな話は聞いたことあるな。あの人、男にキツいって」

ξ;゚⊿゚)ξ「そんな理由でいいわけー」

川 ゚ -゚)「そうだな……なんか、みんなが来てくれて元気出てきたし、やろうかな」

(*'A`)「ほんと?!」

川;゚ -゚)「うん、ちょっとまだ色々不安だけどさ」

川*゚ ー゚)「ドクオくん、わざわざ来てくれてありがと。嬉しかったよ」



 。, .゚。 + ☆。,゚. o。 。+ 。゚.,  . ゚   ,   。     。   .   .
 ゚. o * 。゚。゚.。゚。+゚ 。 。 ゚。 ゚ 。  ゚.   。  . .゚o 。 *. 。 .. ☆ . +. .  .
 。 .  . .   .   .  。 ゚。, ☆ ゚. + 。 ゚ ,。 . 。  , .。
    ゚  。   ゚  .  +。 ゚ * 。. , 。゚ +. 。*。 ゚.   . . .  .
 。  .   . 。 。゚. 。* 。, ´。.  ☆。。. ゚。+ 。 .。  .  。   .
  .   。  ゚ ゚。 。, .。o ☆ + ,゚。 *。. 。 。 .    。    .
 ゚ .゚ ゚  。゚ + 。. +。 * 。゚。゚., ,+ 。゚. 。 . .   ,    ,   .
゚。゚+゚`, o。。.゚*。゚ 。.゚ 。 ☆+。。゚. ° 。 .   ,      ゚    ゚
 。, .゚。 + ☆。,゚. o。 。+ 。゚.,  . ゚   ,   。     。   .   .
 ゚. o * 。゚。゚.。゚。+゚ 。 。 ゚。 ゚ 。  ゚
゚` .゚ .゚. ゚. . ゚  .  ゚  .   ,  .     .  .   。      ゚ .
 .  .     . ,     。       .           .  ,    .
      。                 ゚   .           。



   ‐''"´''"''''"""''"`'''""`""""''''''"´'''"""''"`''"""'''"'''''"`""''''``''‐

 帰り道はすっかり暗くなっていて、星空が見えていた。


('A`)「……新たな星が生まれる、か」


 ブーンの言葉もあながち間違っちゃいない気がする。

俺はあの日、あの時から、ずっとクー姉ちゃんという星に引き付けられていたんだ。

地球の周りをぐるぐる回る月みたいに。



                       つ づ く
               \________  _____/
                            )ノ

                          ____
                    ___/       \
                  ,, - '"r'.//    /  ヽ ヽ'レヽ、
               ./   / || |   * ./|   |"   l <何かスッゲエ青春っぽくなってきた!
               /-、  i   ヽヽ.    / ̄|   /   i !
            /   ヽ  |_ _\\____/  //
           /"     !      ̄ヽ\.\〃/  /   //
          ノ ̄ ̄ '''    l       \__/-、 /  / /
       /          |        "~   `´ / ' >
      /  = 、         !               /_ -‐<-,
      {     ニ\  /、 ヽ-           //     {
      ヽ_, -'" ̄   ` ´} _   _,-‐-=ゥ‐- イ >  r '  ̄ ト
      <_     _,, ィコ   ̄    、 -ノ_, /  \/\    l,-、,,-、_
        ヽ_ ヶ、'~   \,_, -,‐_T`‐--イ/ 、   _,, - +‐ti;;;;,、 ヽ , `、
         `''t‐t\  r ' '  i  >;}~ )ニ-i─ t'", -─| |-'┴/_l_/ノ
           ||/::::::::`{;;;i  i i__i__/''ヽ |:: ̄:l ̄l~:::ヽ   |_ ===--、__


(;^ω^)「それ僕の自転車だお!!」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

(゚q 。川カンザイ

Author:(゚q 。川カンザイ
完全犯罪(カンザイ)
プラネットライカは隠れた名作

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。